東京オリンピックでの活躍が期待される日本人選手(その2)を紹介する。なお、個人的な主観で選んでいることをご理解いただきたい。2020年東京大会開幕まであと半年。日本代表選手は続々決まりつつあり、今なお激しい代表権争いが繰り広げられている。今回は水泳他16競技の注目選手を紹介しよう。
※2020年3月25日、東京オリンピックおよびパラリンピックの1年延期が決定!

目次

 1.競泳
    男子:瀬戸 大也
    女子:今井 月
 2.陸上競技
    男子:服部 勇馬
    女子:福島 千里
 3.バドミントン
    男子:桃田 賢斗
    女子:髙橋礼華&松友美佐紀ペア
 4.野球
    侍ジャパン
 5.ソフトボール
    女子日本代表
 6.バスケットボール
    AKATSUKI FIVE
 7.自転車競技
    男子:新城 幸也
    女子:與那嶺 恵理
 8.サッカー
    男子:U-23日本代表
    女子:なでしこジャパン
 9.ゴルフ
    男子:松山 英樹
    女子:渋野 日向子
10.柔道
    男子:大野 将平
    女子:阿部 詩
11.近代五種
    男子:岩元 勝平
    女子:朝長 なつ美
12.ラグビー
    ラグビー日本代表
13.卓球
    男子:張本 智和
    女子:石川 佳純
14.テニス
    男子:錦織 圭
    女子:大坂 なおみ
15.バレーボール
    男子:龍神NIPPON
    女子:火の鳥NIPPON
16.レスリング
    男子:文田 健一郎
    女子:川井 梨紗子

まとめ

スポンサーリンク

競泳目次に戻る

競泳』の歴代メダリスト(抜粋)は以下の通りである。

大会名選手名競技種別メダル
2004 アテネ
2008 北京
北島 康介100m平泳ぎ
200m平泳ぎ
2冠
2冠
2016 リオ萩野 公介400m個人メドレー
200m個人メドレー

2016 リオ金藤 理絵200m平泳ぎ
1936 ベルリン前畑 秀子200m平泳ぎ

 競泳という競技が確立された正確な時代は分かっていない。古代ギリシャ、古代ローマ時代から水泳という科目が存在しており、兵士などには必要不可欠なスキルだったようだ。競泳がオリンピックに採用されたのは1896年の第1回アテネ大会から、決められた距離を決められた泳法で泳ぎメダルを争う。世界レベルで戦うには「スタート時の飛び込み、ターンの仕方、ゴールラインでのタッチ方法」などのスキルも必要で、1/100秒(0.01秒)の差で決着がつくこともある。なお、屋外で行う「オープンウォータースイミング」「マラソンスイミング(トライアスロン)」も競泳の一種である。国内の競技人口は1,300万人、世界の競技人口は愛好家なども含めると2億~3億人。

【種目】
・50m自由形(男子/女子)
・100m自由形(男子/女子)
・200m自由形(男子/女子)
・400m自由形(男子/女子)
・800m自由形(男子/女子)
・1,500m自由形(男子/女子)
・100m背泳ぎ(男子/女子)
・200m背泳ぎ(男子/女子)
・100mバタフライ(男子/女子)
・200mバタフライ(男子/女子)
・200m個人メドレー(男子/女子)
・400m個人メドレー(男子/女子)
・4×100mリレー(男子/女子)
・4×200mリレー(男子/女子)
・4×100mメドレーリレー(男子/女子/混合)

瀬戸 大也

 2019年7月、『瀬戸 大也』は世界水泳選手権の200m個人メドレーと400m個人メドレーで2冠を達成し、東京大会の代表権を文句なしで獲得、日本を代表する競泳選手に成長した。2016年リオ大会で辛酸をなめたことが、大きく成長するきっかけになったのだろう。の後のアジア大会、世界水泳選手権、世界短水路選手権では数えきれないほどのメダルを獲得している。

 瀬戸が東京大会で出場する種目は、200m個人メドレー、400m個人メドレーが確定。さらに前述の世界水泳選手権で銀メダルを獲得した200mバタフライもしくはリレー等にも出場できる可能性が高い。競泳日本人選手の同一大会最多金メダル獲得数は「北島 康介」が2004年アテネと2008年北京大会で達成した2つ。瀬戸が「3冠」を達成すれば記録更新である。また、同選手の得意とするメドレーでは、同学年のライバル「萩野 公介」も代表権を争っており、2016年リオ大会で見せたダブル表彰台の再現が期待されている。日本競泳界のエースに成長した瀬戸が東京の夏を熱く盛り上げる。

まとめ
2019年の世界水泳選手権で個人2冠を達成、日本代表に内定した
同学年の萩野とはライバルであり友人でもある。ダブル表彰台に期待

選手名瀬戸 大也(せと だいや)
出場競技/種目200m個人メドレー他
オリンピック出場実績2016年リオ大会/銅メダル
主な戦績2019年世界競泳選手権
200m個人メドレー/金メダルなど

外部サイトへのリンク
ANA 公式ホームページ

今井 月

 『今井 月』は、2019年2月に白血病を公表した「池江 璃花子」の同級生/親友であり、次世代の女子競泳界を背負うエース候補の一人だ。2016年リオ大会に若干16歳で出場し、その後も世界水泳選手権等で実績を残した。同選手の主戦場/得意種目は「200m個人メドレー」と「平泳ぎ」だが、自由形でも国内トップレベルの実力を誇り、リレー競技での東京オリンピック出場も視野に入っている

 白血病からの復帰を目指す池江は、2024年パリ大会での復帰を明言。今井には親友が諦めざるを得なかった東京大会でのメダル獲得が期待されている。日本代表入りを争う戦いは現在も続いており、内定をもらっているのは前述の「瀬戸 大也」ただ一人。選手たちは切磋琢磨し、東京大会に向けて厳しいトレーニングを続けている。今井が受ける重圧は計り知れない。しかし、自分の限界と「」を超えた先に金メダルが待っているはずだ。東京大会での大活躍を期待したい。

まとめ
競泳の日本代表は、2020年4月に開催される日本選手権で確定する
今井の目標は東京大会での金メダル。まずは日本代表入り。その先にゴールが待っている

選手名今井 月(いまい るな)
出場競技/種目200m個人メドレー他
オリンピック出場実績2016年リオ大会
主な戦績2018年世界短水路選手権
100m個人メドレー銀メダル

外部サイトへのリンク
吉本興業株式会社 公式ホームページ

陸上競技目次に戻る

陸上競技』の歴代メダリスト(抜粋)は以下の通りである。

大会名選手名競技種別メダル
2000 シドニー高橋 尚子マラソン
2004 アテネ室伏 広治ハンマー投げ
2008 北京塚原 直貴
末續 慎吾
高平 慎士
朝原 宣治
4×100mリレー
2016 リオ荒井 広宙50km競歩

 陸上競技は「トラック(走る)」「フィールド(投げる、飛ぶ)」「ロード(走る)」の三つに分類される。「走る」は100mやマラソン、「投げる」はハンマー投げとやり投げ、「飛ぶ」は走幅飛や棒高跳などである。オリンピックの花形競技であり、2020年東京大会では新たに建設された「新国立競技場(オリンピックスタジアム)」が決戦の舞台となる。日本人がトラック競技(特に短距離)で勝つことは「夢のまた夢」と言われてきたが、2008年北京大会「4×100mリレー」で銀メダルを獲得し、歴史が塗り替えらえたことは記憶に新しい。国内の競技人口はマラソン等の愛好家を含めると1,500万人、世界の競技人口は2億~3億人。

【種目】
トラック
・100m(男子/女子)
・200m(男子/女子)
・400m(男子/女子)
・800m(男子/女子)
・1,500m(男子/女子)
・5,000m(男子/女子)
・10,000m(男子/女子)
・110mハードル(男子)
・100mハードル(女子)
・400mハードル(男子/女子)
・3,000m障害(男子/女子)
・4×100mリレー(男子/女子)
・4×400mリレー(男子/女子/混合)
・10種競技(男子)
・7種競技(女子)

服部 勇馬

 「男子マラソン」は、オリンピックの最終日、最終種目として行われることが決まっている。日本人選手の出場選手枠は3名、現在代表に確定したのは2名で、そのうちのひとりが『服部 勇馬』である。1月2日と3日に開催される「箱根駅伝」で注目を集め、実業団に入ってからはマラソンに転向。2018年福岡国際マラソンで「2時間7分27秒」を記録し、日本代表候補に名乗りを上げた。そして東京大会の代表、男女2枠を決めるべく開催された「MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)」で日本代表に内定した。

 男子日本代表は1992年バルセロナ大会、女子日本代表は2004年アテネ大会以降、メダルを獲得できていない。世界のトップはアフリカ勢がほぼ独占しており、そこを如何にして切り崩すかがポイントになるだろう。東京大会のマラソンは札幌市で行われる。真夏でも比較的涼しい地域なので、東京都心に比べるとはるかに走りやすいだろう。服部達日本代表選手は国内でトレーニングを積んでおり、気候にも当然慣れ親しんでいる。海外選手にはない「地の利」を活かし、さらにベストコンデションでレースに臨めば、チャンスは大いにあるはずだ。日本記録更新と同時に、男子マラソン28年振りのメダルを期待したい。

まとめ
服部は2019年に開催されたMGCで結果を出し、日本代表に内定済み
東京大会はアフリカ勢との勝負。地の利を活かせば、勝機は十分ある

選手名服部 勇馬(はっとり ゆうま)
出場競技/種目マラソン
オリンピック出場実績なし
主な戦績2018年福岡国際マラソン優勝など

外部サイトへのリンク
日本陸上競技連盟 公式ホームページ

画像はイメージです。クリックすると動画が再生されます
MGC 服部勇馬メインのハイライト

福島 千里

 『福島 千里』は日本女子短距離界のエースとして、2008年北京大会から3大会連続日本代表に選ばれている。女子100m、200mの日本記録保持者で、日本選手権での優勝は複数回、アジア大会でも結果を残している日本女子男距離界の第一人者だ。なお、日本の女子選手がオリンピックのトラック競技でメダルを獲得したのは、1928年アムステルダム大会の「人見 絹枝(800m/銀メダル)」が最後である。

 日本選手は男女問わず、トラック競技で世界との差を縮めれずにいた。しかし2008年北京大会、男子4×100mリレーで銀メダルを獲得し、歴史が塗り替えられた。福島は痛めていた両足アキレス腱を癒すべく数カ月の休みをとっていたものの、2019年9月に復帰、100mと200mでの東京大会出場を目指している

 若い選手たちも記録を伸ばしており、代表権を得ることは簡単ではないが、第一人者の維持とプライドで東京大会への切符をつかんでほしい。まずは日本代表内定、そして東京大会では準決勝、決勝への進出、その先に92年振りのメダル獲得が待っている

まとめ
福島は女子100m、200mの日本記録保持者。日本女子短距離界の第一人者である
世界の壁は厚く高い。若い選手たちと切磋琢磨し、92年振りのメダル獲得に挑戦してほしい

選手名福島 千里(ふくしま ちさと)
出場競技/種目女子100m、200m
オリンピック出場実績2008年北京大会
2012年ロンドン大会
2016年リオ大会
主な戦績日本選手権優勝など

外部サイトへのリンク
日本陸上競技連盟 公式ホームページ

バドミントン目次に戻る

バドミントン』の歴代メダリストは以下の通りである。

大会名選手名競技種別メダル
2016 リオ奥原 希望女子シングルス
2012 ロンドン藤井 瑞希
垣岩 令佳
女子ダブルス
2016 リオ松友 美佐紀
高橋 礼華
女子ダブルス

 バドミントンの起源は17世紀頃、当時は「コルク」に鳥の羽をつけた「シャトル」で打ち合いをしていたと記録が残されている。現在のバドミントンは、決められた広さのコートとネットを使用し、1対1(シングルス)もしくは2対2(ダブルス)でシャトルを打ち合い勝敗を決める。オリンピックに採用されたのは1992年バルセロナ大会から。シャトルは風の抵抗を大きく受けるものの、その初速はギネス記録(2015年/493km/h)に認定されている。2020年東京大会では日本男子初のメダル獲得に期待。国内の競技人口は約30万人、世界の競技人口は5,000万人超。

【種目】
・シングルス(男子/女子)
・ダブルス(男子/女子)

桃田 賢斗

 『桃田 賢斗』は、バドミントン日本男子のエースとして東京大会の代表に内定している。2018年から同競技の世界ランキング1位を堅持しており、わずか1年で世界選手権等のタイトルを11個獲得。これはバドミントン界のレジェンド、「リー・チョンウェイ」が持つ年間10個のタイトル獲得を更新する新記録だった。世界でも飛びぬけた強さを持つ桃田は、2016年リオ大会前に違法賭博問題で無期限の出場停止処分を受け、同大会への出場は白紙、己の失態でどん底を味わった経験を持つ

 違法賭博に関わったことで苦しい時期を経験したが、過ちを素直に認め反省し、約1年後に選手として復帰。しばらくは結果が出なかったものの、2018年以降の活躍は目を見張るものがある。2020年1月に交通事故に巻き込まれ負傷したが、この2年間の戦績と勝率を見れば男子シングルスの金メダル最有力候補と考えて間違いないだろう。日本男子がオリンピックのバドミントンでメダルを獲得すれば史上初の快挙である。東京大会で最高の結果を出せば、オリンピックと世界選手権を制した正真正銘の世界チャンピオンと呼ばれるだろう。

まとめ
桃田はバドミントン世界ランキング1位(2020年時点)。東京大会の金メダル最有力候補である
己の失態でどん底を味わうも、過ちを素直に認め反省し復活を果たした

選手名桃田 賢斗(ももた けんと)
出場競技/種目男子シングルス
オリンピック出場実績なし
主な戦績2019年世界選手権
男子シングルス金メダルなど

外部サイトへのリンク
日本バドミントン協会 公式ホームページ

髙橋礼華&松友美佐紀ペア

 日本の女子バドミントン界は、ハイレベルな代表権争いを繰り広げている。特にダブルスでの争いは顕著で、2020年時点の世界ランキング2~4位のペアは全て日本選手だ。東京大会の女子ダブルス出場枠は各国2つまで。日本バドミントン協会は世界ランキングを代表選びの指針にしており、同ランキング4位のペアはメダル獲得の可能性が高くても、東京大会に出場できない(可能性が極めて高い)。『髙橋礼華&松友美佐紀ペア(通称タカマツペア)』は女子ダブルス世界ランキング4位、崖っぷちに追い詰められている。

 タカマツペアは2016年リオ大会で日本バドミントン界初の金メダルを獲得、歴史に名を刻んだ。しかし、同ペアの実力をもってしても、日本代表の切符を手に入れることは容易ではない。若手選手の成長は著しく、「松本麻佑&永原和可那ペア(世界ランキング2位)」は2018年、2019年の世界選手権女子ダブルスを連覇した。さらに世界選手権3年連続準優勝の「福島由紀&廣田彩花ペア(世界ランキング3位)」も文句のない戦績、強さを誇る。日本代表が世界のトップレベルを争うことは素晴らしいことだ。タカマツペアはオリンピック金メダリストとしてのプライドを胸に、出場権獲得を狙う。

まとめ
日本の女子ダブルスは、史上まれにみるハイレベルな代表権争い
タカマツペアは2016年リオ大会の金メダリスト。代表権獲得に期待

選手名髙橋 礼華(たかはし あやか)
松友 美佐紀(まつとも みさき)
出場競技/種目女子ダブルス
オリンピック出場実績2016年リオ大会/女子ダブルス金メダル
主な戦績2018年全日本選手権準優勝など

外部サイトへのリンク
PLAY TRUE 2020 公式ホームページ

野球目次に戻る

野球』のメダル獲得大会は以下の通りである。

大会名選手名競技種別メダル
1984 ロサンゼルス
※公開競技
日本代表野球
1992 バルセロナ日本代表野球
1996 アトランタ日本代表野球
2004 アテネ日本代表野球

 野球がオリンピックに採用されたのは1992年バルセロナ大会、2008年の北京大会以降は実施競技から除外されていた。日本代表は全大会に出場しており、公開競技だった1984年ロサンゼルス大会以来の金メダルを目指している。出場できる選手はアマチュア限定だったが、2000年シドニー大会からプロの出場が解禁された

 2020年東京大会の出場枠はわずか「6」。強豪国は野球大国アメリカ、韓国、ドミニカ共和国、プエルトリコなどだ。侍ジャパンは現役バリバリのプロ野球選手を総動員し、悲願の金メダルを狙う。国内の競技人口は730万人、世界の競技人口は3,500万人。

【種目】
・野球(男子)

侍ジャパン

 野球日本代表『侍ジャパン』の目標は金メダルの奪取、プロ野球界も全面協力し、球界を代表するプレーヤーの代表入りが確実視されている。野球は2024年パリ大会の実施競技から除外されており、以降の扱いも不透明な状態だ。侍ジャパンには、自国開催のオリンピックで金メダルを獲得し、野球という競技を盛り上げ、2028年以降につなげる使命がある。

 世界最高の野球選手が集まる「MLB」は、東京大会に選手を派遣しない可能性が高いという。数千億円規模のお金が動くMLBでは、オリンピックより「ワールドシリーズ」や個人成績が重要視されるためだ。「東京大会/オリンピックで金メダルを獲る価値は低い」と評価されてしまった気がするものの、侍ジャパンとしては「勝手にしろ/負けるのが怖いのか?」の心持ちで試合に臨み、最高の結果を残してほしい。

 東京大会、野球の出場枠は「6」しかなく、激しい出場権争いが予想される。なお、侍ジャパンは開催国枠での出場が決まっているため、金メダルを争うライバルは5か国に絞られる。MLB選手が出場しない場合は、韓国、キューバ、ドミニカ共和国辺りが出場権/メダル争いに大きく絡んでくるだろう。アメリカもMLBの下部組織から若手の有望株を選出し、必要最低限の戦力でメダルを狙ってくる。侍ジャパンは持てる力を総動員して、「最高でも金、最低でも金」を目指してほしい。そしてプロ野球、さらに世界の野球界を大きく盛り上げ、天狗になっているMLBの鼻をへし折ってしまえ

まとめ
侍ジャパンの目標は金メダル。最強メンバーで東京大会に臨む
東京大会の出場枠は「6」、激しい出場権争いが予想される

チーム名侍ジャパン
出場競技/種目野球
オリンピック出場実績1984年ロサンゼルス大会

2008年北京大会
7大会連続
主な戦績1984年ロサンゼルス大会/金メダル

外部サイトへのリンク
侍ジャパン 公式ホームページ

ソフトボール目次に戻る

ソフトボール』のメダル獲得大会は以下の通りである。

大会名選手名競技種別メダル
2000 シドニー女子日本代表ソフトボール
2004 アテネ女子日本代表ソフトボール
2008 北京女子日本代表ソフトボール

 野球から派生したソフトボールは、1996年アトランタ大会で正式競技に採用、男子種目はなく女子のみ行われる。基本ルールは野球と同じだが、エリアの広さ、使用するボールやバット、ピッチャーの投球モーションなどが大きく異なる。2008年北京大会以降は実施競技から除外されていたものの、東京大会での復活が決まった

 女子日本代表は2008年に金メダルを獲得しており、東京大会は前回王者として他国の挑戦を受けることになる。強豪国はアメリカ、オーストラリア、中国などだ。なお、マウンドの距離が短いため、ピッチャーの投げる球の体感速度はMLB投手顔負けである。国内の競技人口は18万人、世界の競技人口は6,200万人。

【種目】
・ソフトボール(女子)

女子日本代表

 ソフトボールも野球と同じく、2020年東京大会で実施競技に復帰した。しかし、2024年パリ大会では実施競技から外れ、2028年以降の取り扱いも未定である。同競技が最後に行われた2008年北京大会、『女子日本代表』は1996年アトランタ大会から3連覇中だったアメリカを決勝で破り悲願の金メダルを獲得したアメリカには世界で唯一の「プロソフトボールリーグ」があり、同国のオリンピック代表は経験豊富なプロ選手たちで構成されている。アマチュア(学生/実業団)がプロを破ったことで日本のソフトボール選手たち(小中高大学生)は大いに刺激を受けたはずだ。

 女子ソフトボールの東京大会出場枠は、野球と同じ「6」である。日本は開催国枠での出場が確定、さらに、2年に1度開催される世界選手権(直近は2018年)で優勝したアメリカの出場も決定した。なお、同世界選手権の決勝戦は「アメリカ vs 日本」、日本代表は1点差で敗れた。

 2019年10月、東京大会に出場する6か国(日本、アメリカ、イタリア、メキシコ、カナダ、オーストラリア)が決定。日本代表は、前回大会(2008年北京)勝者として各国からの挑戦を受けることになる。金メダルへの道のりは長く険しい。今年38歳を迎える大エース「上野 由岐子」を中心に、一丸となって頂点を目指さなければならない。また、アメリカだけでなく世界ランクの上位国も簡単に勝てる相手ではない。2020年東京大会、女子ソフトボールが日本を熱く盛り上げる。

まとめ
アメリカ代表は強い。また他の出場国も世界ランクの上位国ばかり
女子日本代表の目標は連覇。日の丸の誇りを背負い、前回王者として戦う

チーム名女子日本代表
出場競技/種目ソフトボール
オリンピック出場実績1996年アトランタ大会

2008年北京大会
4大会連続
主な戦績2008年北京大会/金メダル

外部サイトへのリンク
日本女子ソフトボールリーグ機構 公式ホームページ

バスケットボール目次に戻る

 アメリカ生まれの『バスケットボール』は、世界で最も愛されるスポーツのひとつである。東京大会では5対5の従来ルールにプラスし、新種目として「3×3」も実施されることが決まった。日本代表はオリンピックおよびW杯でのメダル獲得実績がない。まずは上位入賞を目指してほしいところだ。

 同競技の強豪国はNBAの本場アメリカを筆頭に、アルゼンチン、スペイン、セルビアなどがメダルを争う。なお、1992年のアメリカ代表(通称ドリームチーム)は、バスケの神様「マイケル・ジョーダン」などのNBAプレーヤーを総動員、対戦相手との平均得点差は40点以上を記録し、異次元の強さで金メダルを獲得した。国内の競技人口は570万人、世界の競技人口は4.5億人。

【種目】
・バスケットボール(男子/女子)
・3×3(男子/女子)

AKATSUKI FIVE

 バスケットボール日本代表『AKATSUKI FIVE』は、開催国枠での東京大会出場が決まっている。日本代表は、男女ともオリンピックおよび世界選手権(現FIBAバスケットボール・ワールドカップ)でのメダル獲得実績がまだない。東京大会では予選突破、上位入賞を狙う。なお、東京大会で初採用の「3×3」は、男女合わせて開催国枠が1つしかなく、オリンピック予選で結果を残し、出場権を獲得しなければならない。

 バスケットボールの強豪国はアメリカ、スペイン、アルゼンチンなど。各国の中心選手は、アメリカのプロバスケットボールリーグ「NBA」の選手で構成されており、近年は実力が拮抗している。2019年のFIBAW杯はスペインが優勝、準優勝はアルゼンチンだった。なお、同大会に出場した日本男子は5戦全敗、出場32か国中31位という結果に終わった

 世界の壁は厚く、そして高い。日本代表は目の前の1戦に全力を注ぎ、持てる力を全て発揮してほしい。NBAのドラフト1巡目(日本人選手初/全体9位)で指名された「八村 塁」に期待したいが、バスケットボールはチームプレーが肝、一人で勝てるほど甘くない。日本代表の候補選手たちは、毎日厳しいトレーニングを行っている。それを継続し、まずは大会当日を迎え、目の前の1戦に集中、予選での1勝を目指してほしい。なお、バスケットボールの出場国枠は男女共に12か国、3×3は男女共に8か国である

まとめ
AKATSUKI FIVEの奮起に期待。まずは目の前の1戦に集中、1勝を目指してほしい
3×3の日本代表(男女)は、オリンピック予選で出場権を獲得を狙う

チーム名AKATSUKI FIVE
出場競技/種目バスケットボール
オリンピック出場実績男子:7回
女子:4回
主な戦績アジア選手権優勝など

外部サイトへのリンク
AKATSUKI FIVE 公式ホームページ

この投稿をInstagramで見る

🏀GAME DAY🏀 #Tokyo2020 #FIBAOQT #AkatsukiFive

Ramu Tokashiki(@tokashiki_10)がシェアした投稿 -

自転車競技目次に戻る

自転車競技』の歴代メダリストは以下の通りである。

大会名選手名競技種別メダル
2008 北京永井 清史ケイリン
1984 ロサンゼルス坂元 勉個人スプリント
2004 アテネ伏見 俊昭
長塚 智広
井上 昌己
チームスプリント

 自転車競技は1896年アテナ大会から2020年東京大会まで途切れることなく実施されている。競技は大きく分けると「トラック」「ロード」「特殊コース」の三つ。トラックはすり鉢状のコースを周回、ロードは公道、特殊コースは起伏等が儲けられたエリアを走り、時間や順位を競う

 日本で人気の「競輪(ケイリン)」も種目に含まれており、メダルの獲得が期待される。なお、同競技はヨーロッパ勢が特に強く、「世界三大自転車レース(グランツール)」の競技地フランスとイタリアの選手がメダルの有力候補だ。国内の競技人口は約20万人、世界の競技人口は500万人。なお日本の自転車人口は7,500万人である

【種目】
トラック
・チームスプリント(男子/女子)
・スプリント(男子/女子)
・ケイリン(男子/女子)
・チームパシュート(男子/女子)
・オムニアム(男子/女子)
・マディソン(男子/女子)
ロード
・ロードレース(男子/女子)
・個人タイムトライアル(男子/女子)
マウンテンバイク※特殊コース
・クロスカントリー(男子/女子)
BMXレーシング※特殊コース
・レース(男子/女子)
BMXフリースタイル※特殊コース
・パーク(男子/女子)

新城 幸也

 『新城 幸也』は自転車競技ロードの日本代表候補である。日本人として初めて世界最高峰の自転車レース「グランツール」の表彰台に立ち、2012年ロンドン大会、2016年リオ大会にも出場した実績を持つ。同競技の出場枠は選手の世界ランキングで決まり、日本は男女共に2枠(うち1つは開催国枠)を確保した。選手たちは、世界もしくは国内レースで得られるポイントの合計点で順位を争い、男女の上位2名が日本代表に選出される。

 新城の国内順位は現在2位。レースで得られるポイントは大会のレベルによって異なるため、2020年の活躍次第では1位に上がる可能性もあり得る。しかし、国内の競技レベルは年々向上しており、3位の追い上げにも注意しなければならないだろう。ロードの上位はヨーロッパ勢が席巻しており、メダルへの道は長く険しい。まずは代表権をしっかり確保し、大一番に備えてほしい。なお、同競技のコース/会場は、東京都府中市にある「武蔵野の森公園」内に設置される。日本代表には地の利を活かしてレースを期待したい。

まとめ
新城は、日本人として初めて世界最高峰の自転車レース「グランツール」の表彰台に立った
同競技の盛んなヨーロッパは強豪選手揃い。日本代表には地の利を活かしたレースを期待

選手名新城 幸也(あらしろ ゆきや)
出場競技/種目ロード
オリンピック出場実績2012年ロンドン大会
2016年リオ大会
主な戦績2011年アジア選手権優勝など

外部サイトへのリンク
チームバーレーン・マクラーレン 公式ホームページ

與那嶺 恵理

 2019年4月、ロード(女子)の日本代表候補『與那嶺 恵理』は、「JCF(日本自転車競技連盟)」の定めるオリンピック選考基準に男女差があるのは不当として、「日本スポーツ仲裁機構」に仲裁を申し立てた。なお、與那嶺は2016年リオ大会で日本人歴代最高の15位、アジア選手県でのメダル獲得、全日本ロード選手権も3連覇した日本代表最有力候補である

 真意は測りかねるが、恐らく後進のことを考えて選考基準の差を是正したかったのだろう。日本スポーツ仲裁機構は、「選考基準の男女差に合意性が認められる」と判断し與那嶺の申し出を却下したものの、同案件は全国ニュースで取り上げられ、他の競技にも「良い意味」で一石を投じることになった。

 與那嶺の実力/実績は申し分なく、東京大会での上位入賞、それ以上の結果も期待できる。さらに、日本の女子選手では唯一ヨーロッパを主戦場としており、国際大会の経験も豊富だ。ロードの代表枠は2つ、選考基準に該当するレースで結果を出せば、東京大会への道は開ける。同競技でメダルを獲得すれば男女通じて日本初、歴史を塗り替えることになる。與那嶺の気迫と胆力に期待したい。

まとめ
2016年リオ大会15位、全日本ロード選手権3連覇など、実力/実績ともに申し分ない

ロードの上位入賞、メダル獲得は先人も達成できず。歴史を塗り替えるチャンスだ

選手名與那嶺 恵理(よなみね えり)
出場競技/種目ロード
オリンピック出場実績2016年リオ大会/15位
主な戦績全日本選手権優勝など

外部サイトへのリンク
與那嶺 恵理 公式ホームページ

画像はイメージです。クリックすると動画が再生されます
與那嶺恵理が力の差を見せつけ大会5度目4連覇達成!2019全日本ロード女子エリート

サッカー目次に戻る

サッカー』のメダル獲得大会は以下の通りである。

大会名選手名競技種別メダル
1968 メキシコシティ日本代表サッカー
2012 ロンドンなでしこジャパン女子サッカー

 サッカーは世界一人気のあるスポーツである。4年に1度開催される「FIFAワールドカップ」の全世界視聴者数は累計で300億人超、国の威信をかけた真剣勝負は「戦争」に例えられ、「エルサルバドル・ホンジュラス戦争(1969年)」はW杯の予選が発生/勃発要因になったと言われている。

 同競技は予選、決勝トーナメントの順で実施、男子の出場条件は23歳以下、女子には年齢制限がない新時代を担うスーパースターが世界中から集結するため、強豪国でも簡単に勝ち残ることはできず、優勝争いは混迷を極めるだろう。U-23日本代表の活躍に期待したい。国内の競技人