『kenta475699』です。
 ペットと一緒に泊まれるホテルと、周辺の素晴らしい観光地を紹介します。個人の主観で選んでいることをご理解下さい。

目次

 ・ペットと一緒に旅行したい

 ・事前準備は抜かりなく

〇ペットと一緒に泊まれる九州のホテル
  1.アラハリゾート アラバナ(沖縄県中頭郡)
  2.ホテル吹上荘(鹿児島県鹿児島市)
  3.コテージヒムカ(宮崎県山崎町)
  4.ペットと泊まれる宿 ペンションむさし(熊本県阿蘇郡)
  5.ゲストハウス 猫床(佐賀県伊万里市)
  6.湯布院山荘 吾亦紅(大分県由布市)
  7.The Sloope Nagasaki(長崎県長崎市)
  8.犬猫古民家福岡(福岡県福岡市)
  9.長浜ビーチリゾート海音KANON(沖縄県国頭郡)
 10.指宿静香(鹿児島県指宿市)
 11.松尾旅館(宮崎県えびの市)
 12.旅館 花心(熊本県阿蘇郡)
 13.どさんこミラファーム(佐賀県唐津市)
 14.別府温泉わんこの宿 ゆるり(大分県別府市)
 15.Momの家(長崎県平戸市)
 16.ホテル トレジャービール(福岡県福岡市)
 17.オクマ プライベートビーチ&リゾート(沖縄県国頭郡)
 18.奄美大島ホテルリゾート コーラルパームス(鹿児島県奄美市)
 19.ゲストハウス和茶美(長崎県壱岐市)
 20.古民家DIYハウス Chill Out(福岡県福岡市)

 まとめ

ペットと一緒に旅行したい

 ペットを飼っていると、少し外出するだけでも気を使いますよね。特に一人暮らしの方は気苦労が絶えないはずです。私も独身時代に猫を飼っていましたが、丸一日部屋を空けるだけで色々心配でした。食事や水、トイレ等は全て抜かりなく準備しているつもりでも、トラブルや体調不良を起こしていないか気になって仕方がなかったことを覚えています。

 ひと昔前はペットを連れて旅行するなど”夢のまた夢”でした。ペット宿泊可のホテルは限られており、遠出は厳しかったのです。しかし、数年前に起きたペットブームのおかげで、夢が現実になったと言っても過言ではありません。ペット宿泊可のホテルが劇的に増え、”ペット専用ホテル”まで誕生しています。有名観光地だけでなく地方の小さな都市も”ビックウェーブ”に乗り遅れまいと必死です。観光業とホテル業は、顧客とペットのニーズを聞き入れ、日々進化しています

 九州地方でもペット宿泊可のホテルが増えています。割合は全体の1割以下かもしれません。しかし、ひと昔前を考えると大きな進歩です。素晴らしい観光地や自然を最愛の家族と一緒に周れば、旅行の楽しさも倍増するでしょう。大都会に比べるとサービス面で劣る部分はあるかもしれませんが、顧客からの申し出やニーズ調査等で、ホテルの使い勝手は日々改善されています。今回は、九州地方にある”ペットと一緒に泊まれるホテル”とぜひ訪れてほしい魅力的な観光スポットを紹介します。

事前準備は抜かりなく

 ”ペットと旅行に行けるぞ、嬉しいなー”と喜んでいるあなた。素晴らしいホテルや施設が増えていることは間違いありません。しかし、顧客側もしっかりと準備を整える必要があります。何より、同行するペットのことを一番に考えなくてはいけません。自分が楽しいだけでは話にならないのです。また、他の利用者に迷惑をかけることも出来ません。下記に記載する項目をしっかり順守しましょう

1.狂犬病ワクチン、混合ワクチンの接種は必須!ホテルによっては、接種日を確認(接種証明書要)するところもあります。予約段階でしっかり確認しましょう。

2.ヒート中&ヒート直後は宿泊出来ない可能性あり。愛犬の体調だけでなく、ホテルへの配慮が必要。

3.ノミ・ダニ対策、トイレのしつけは必須!ホテルや他の利用者に迷惑をかけてしまいます。

4.皮膚に疾患等がある場合は、宿泊を拒否される場合も。予約段階でしっかり確認しましょう

5.車や交通機関での移動に慣れさせる必要があります。周りの人に迷惑をかけるだけでなく、ペット自身にも大きなストレスを与える可能性がある為です。楽しむはずの旅行で体調を崩しては本末転倒。

6.”おすわり、伏せ、待て”は必須スキルです。また、”無駄ぼえ”しないことを教えましょう。

 前述の通り、ペットのことを第一に考えて旅行を計画しましょう。体調が悪ければ中止せざるを得ませんし、外出を嫌がるようなら少しずつ訓練する以外手はありません。しかし、”ハードルが高い”と簡単に諦めないで下さいね。疾患持ちであれば仕方ありませんが、それ以外は日々のしつけと訓練で必ず克服することが出来ます。旅行を実現させれば、一生の思い出になるのですから。

スポンサーリンク

ペットと一緒に泊まれる九州のホテル

アラハリゾート アラバナ(沖縄県中頭郡)(目次に戻る

 日本を代表する観光名所”沖縄県”にある「アラハリゾート アラバナ」は、”ペット犬”同伴可のホテルとして知られています。なお、移動には”飛行機”が必須のため、大移動に慣れていなければ難しいかもしれません。また施設を利用したい場合は、注意事項を忘れず確認しておきましょう。ホテルは海岸線沿いにあります。移動にはレンタカーもしくはタクシーが必須です。

 周辺にはペットとの散歩も楽しめる”北谷公園”や、有名な”国際通り”があります。そして何より素晴らしいのは、美しい海岸線沿いを自由に散策出来ることでしょう。ただし、夏休み等の観光シーズン時は人でごった返します。人慣れしていない犬は度肝を抜かれてしまうので、注意しましょう。沖縄県は真冬でも最高気温が20℃を平気で超えます。犬にとっては非常に過ごしやすい穏やかな時期と言えるでしょう。真夏の暑さは本土と変わらないため、長時間の外出は控えた方がいいかもしれません。ペットの体調、現地の気候、混雑具合等を考慮し、旅行を計画して下さい。

 ペット1匹宿泊につき、追加料金2,500円がかかります。なお、ひと部屋に最大5匹まで宿泊させても良いそうです。予約段階で犬種やサイズ等を確認されるため、気になることがあればドンドン質問して下さい。また屋外施設にバーベキュー用のグリルやパラソル等も設置されています。海岸線沿いでバーベキューを楽しめば、南国リゾートの破壊力を体感出来ると思います。なお、最近流行りのペット専用温泉やサロン等はありません

 訪れる際は、周辺にある動物病院の位置を抑えておきましょう。名前と場所、開業時間等をチェックしておけば、万一の時に役立ちます。本州から訪れる際は飛行機での移動が大きな負担になりますが、都会にはない素晴らしい環境でリラックスさせてあげれば、ペットとの絆をさらに深めることが出来ます。沖縄旅行に興味のある方はぜひご検討ください。私の愛犬は海に飛び込んで大はしゃぎしていました。なお、真昼間の混みあっている時間だと、他の利用者に迷惑をかける可能性もあります。人の入り具合を見てダイブを結構するか決めましょう。犬用ライフジャケットの装着も忘れずに・・・

ペット難易度 ★★★★☆ 4
ペット満足度 ★★★★☆ 4
飼い主満足度 ★★★★☆ 4

外部サイトへのリンク
アラハリゾート アラバナ 公式ホームページ

動物病院22時グループ 公式ホームぺージ

画像をクリックすると動画が再生されます。
北谷町アラハビーチ

ホテル吹上荘(鹿児島県鹿児島市)(目次に戻る

 活火山”桜島”や”西郷隆盛ゆかりの地”などで有名な鹿児島県。本州最南端に位置していますが、新幹線や飛行機の便も良く、訪れやすい観光地として人気を集めています。鹿児島県鹿児島市にある「ホテル吹上荘」は市街地へのアクセスに優れ、また有名観光地として知られる”城山”へも歩いて移動出来る便利な位置にあります。宿泊出来るのは小型犬のみなので、予約する際は犬種等を漏れなく伝えておきましょう

 真夏の鹿児島市内は最高気温が30℃を軽く超えます。猛暑日になる日は少ないですが、移動にはバスケットが必須なので注意しましょう。、また観光客も非常に多いため、ペットに無用なストレスをかける危険もあります。私がおすすめする観光時期は、春と秋です。最高気温は20℃前後で、散策には最も適した気候と言えるでしょう。さらに、ホテルのすぐ近くにある城山公園は桜の名所として知られています。その他にも有名観光スポットがいっぱいあるので、地図を片手にゆっくり周辺を巡るのも楽しいですよ

 レンタカーを借りる場合は、忘れず桜島も観光しましょう。残念ながら登山は出来ませんが、運が良ければ噴煙を上げている姿を見れるかもしれません。島の中は道路もキレイに整備されており、公園や施設も充実しています。鹿児島県の象徴を眺めながらゆっくり島内を散策すれば、あなたのペットも自然の雄大さをきっと理解するはずです。なお、万一大規模な噴火が発生した時は、車に戻りましょう。小型犬は足元に積もる灰の影響をもろに受けてしまいます。

 ホテル吹上荘は鹿児島市内の中心部に位置します。九州新幹線の終着点”鹿児島中央駅”からも近く、動物病院等の施設に困ることはないでしょう。ただし、必要な情報は必ず事前に集めておきましょう。小型犬であれば一緒に入れる観光施設は意外に多く、公園の散策以外にも出来ることはたくさんあります。気になることがあれば、電話やホームページ等で確認しましょう。穏やかな気候の鹿児島県は、ペットの保養地にも適しています。ストレスを発散させてあげれば、あなたとの絆も深まること間違いなしです

ペット難易度 ★★★☆☆ 3
ペット満足度 ★★★★☆ 4
飼い主満足度 ★★★☆☆ 3

外部サイトへのリンク
ホテル吹上荘 公式ホームページ

わんにゃん動物病院 基本情報

ホテル吹上荘

コテージヒムカ(宮崎県宮崎市)(目次に戻る

 太平洋に面した「コテージヒムカ」は、あなただけでなくペットにも素晴らしい施設を提供してくれます。宮崎市中心部から近く、アクセスにも非常に優れています。犬もしくは猫の宿泊が可能なので、予約時に必要事項等を忘れず確認しましょう。なお、完全個室のコテージではバーベキューも可能です。周囲は木々に囲まれており、別荘に来たような気分を味わうことが出来ます。飼い主とペット、両方に配慮した素晴らしいホテルです

 猫ちゃんが一緒の場合は、必ずリードをつけましょう。都会とは一線を画した大自然の中に入った瞬間、野生の本能を爆発させ”大はしゃぎ”するはずです。広大な松林の中で見失えば、探すのに一苦労します。また、数分歩くと広大な太平洋が目の前に現れます。宮崎県にはサーフィンの人気スポットが多数あり、この一帯も多くのサーファーを毎年受け入れています。ペットと一緒に長い海岸線を散策すれば、思わぬ出会いがあるかもしれませんよ。

 コテージには”ケージ”等のペット用品が準備されています。宿泊に役立つものばかりなので、遠慮なく利用させてもらいましょう。また、前述の通り家族だけでバーベキューを楽しむことも出来ます。大自然の中を散策すれば自ずとお腹も空くはずです。食材等は近所にある”イオンモール”で簡単に調達可能です。なお、電車やバス等の公共交通機関も一応ありますが、移動は車(レンタカー)を使った方が無難でしょう。他の観光スポットに向かう際も大幅な時間短縮を期待出来ます。

 海岸線、松林、ドッグランなどの施設を全て周ったら、少し離れたところにある”道の駅フェニックス”に向かってみましょう。観光パンフレット等で目にする”鬼の洗濯板”を見ることができ、南国宮崎の特産品”パッションフルーツやマンゴー”も購入可能です。さらに南下すると巨大”モアイ像”の建てられた”サンメッセ日南”という観光スポットもあります。ペットがどんな反応をするかは分かりませんが、都会では決して見ることも出来ないモアイの群れと記念写真を撮れば、一生の思い出になるでしょう

ペット難易度 ★★☆☆☆ 2
ペット満足度 ★★★★☆ 4
飼い主満足度 ★★★★★ 5

外部サイトへのリンク
コテージヒムカ 公式ホームぺージ

宮崎市の動物病院一覧

画像をクリックすると動画が再生されます。
【ウェイク】宮崎のラムゼ一ッ葉コテージヒムカはこんな感じ

ペットと泊まれる宿 ペンションむさし(熊本県阿蘇郡)(目次に戻る

 火の国熊本を象徴する”阿蘇カルデラ”の中にある「ペットと泊まれる宿 ペンションむさし」は、3年前に発生した”熊本地震”の影響で営業を停止していましたが、2019年5月に見事復活を遂げました。世界一の大自然に囲まれた施設を走り回れば、ワンちゃんのストレスは吹き飛び、野生の雄叫びを上げることは間違いありません。阿蘇郡は世界にも類を見ない”活動中のカルデラの中にある街”であり、究極の自然を体験出来る街として毎年多くの観光客を迎えています。

 目的地は熊本市内から車で50分ほどの位置にあるため、車は必須です。県外から来られた方は、”カルデラが噴火したら大変じゃないか?”と心配される方もいますが、ご安心下さい。阿蘇カルデラが本気を出したら、地球上に住む半分の生命体が死滅すると言われています。無駄な心配をするよりも、ペットと一緒に大自然を楽しみましょうなお、大型犬、猫、その他の小動物も宿泊可能です。予約前に犬種や順守事項に目を通しておきましょう。

 ペンションむさしは大きなホテル(宿)ではありません。しかし、リゾートホテルにはない”アットホーム”な雰囲気を楽しむことが出来ます。都会の喧騒を離れ、超がつく大自然の中で寝泊まりすれば、あなたとペットの絆はさらに深まること間違いなし。なお、他の利用者もペットを連れている可能性が高いです。”犬(猫)見知り”しない子、去勢していない子は、色々迷惑をかけないようにしましょう。利用客同士のトラブルは、当人同士で解決しなくはなりません。折角の旅行が”お見合いパーティ”になる可能性もあるので、注意が必要です。

 ペンションむさしの大自然を満喫し終えた方は、周辺にある観光スポット等を訪ねてみましょう。”阿蘇ミルクファーム”に行けば、搾りたてのミルクやソフトクリームを味わうことが出来ます。なお、阿蘇の広大な大地を移動するには車が必須です。また事前に行きたい場所をチェックし、移動時間は最小限に抑えましょう。ペットに無用なストレスを欠けないことも大切です。火の国熊本の大自然を体験したいと言う方は、熊本地震から復興を遂げたペンションむさしをぜひご利用下さい

ペット難易度 ★☆☆☆☆ 1
ペット満足度 ★★★★★ 5
飼い主満足度 ★★★★☆ 4

外部サイトへのリンク
ペットと泊まれる宿 ペンションむさし 公式ホームページ

阿蘇市の動物病院一覧

画像をクリックすると動画が再生されます。
ペットと泊まれる宿 ペンション武蔵(musashi)九州・ドックランの小鳥

ゲストハウス 猫床(佐賀県伊万里市)(目次に戻る

 「ゲストハウス 猫床」は佐賀県伊万里市にあります。自然に囲まれた民宿に入ると、田舎に住んでいた祖父母のことを思い出さずにはいられません。なお、犬、猫、その他の小動物が宿泊可能ですが、他の利用者とスペースをシェアすることもあるので、しつけが出来ていないと迷惑をかけることになります。貸し切り、もしくは人慣れしているペットであれば問題ありませんが、違う場合は注意が必要です。

 ホスト(管理者)のご夫婦は”すごく気さくな方”と評判です。元々ペットの宿泊は出来なかったようですが、同室可能な部屋を準備したとお聞きしました。なお、他のホテルと同じく、予約時の犬種確認、予防接種証明書等が必要になるので準備しておきましょう。自然に囲まれたゲストハウスの近くには、有名な観光スポット等はありません。観光客でごった返す場所ではないため、ゆっくり周辺を散策することが出来ますよ。ただし、”何も見るところがない”という訳ではありません。

 佐賀県北部に位置する伊万里市は、比較的穏やかな気候の土地として知られています。ただし、台風が頻繁に通過する土地でもあるため、旅行を計画する際には注意が必要です。見知らぬ土地で暴風雨にさらされれば、タフなワンちゃんや猫ちゃんでも参ってしまうはずです。個人的には春と秋に訪れることをおすすめします。公園や寺院等の観光スポットに行けば、桜や紅葉を楽しむことも出来ます。また少し距離はありますが、有明海近くまで足を運べば、珍しい魚介類や特産品に目移りするでしょう。特に猫ちゃんは塩と魚の香りを嗅いだ瞬間、目つきが変わるはずです。逃亡されないようにリードをつける、もしくはバスケットに入れておきましょう。

 佐賀県の特産品”伊万里焼”と”有田焼”を取り扱っている施設も多数ありますが、ペットを連れて入らない方がいいかもしれません。どうしても興味のある方は、事前に電話で問題ないかを確認しておきましょう。観光、散策を終えたらゲストハウスに戻り、ゆったりと進む時間の中でペットと一緒に疲れを取って下さい。なお、ペット用の食事は提供されないので、飼い主が責任を持って準備しましょう

 都会の喧騒に疲れたペットであれば、美しい自然と街が調和する伊万里市とゲストハウスを必ず気に入るはずです。最後に、天気が良い日には満点の星空を見れるかもしれません。月の出ていないタイミングであれば、”天の川”や流れ星に出会える可能性大です。ペットと一緒に星空を眺め、永遠の絆と愛を手に入れましょう

ペット難易度 ★★★☆☆ 3
ペット満足度 ★★★★☆ 4
飼い主満足度 ★★★☆☆ 3

外部サイトへのリンク
ゲストハウス 猫床 ホームページ

伊万里市の動物病院一覧

画像をクリックすると動画が再生されます。
Ne doco? 猫床 伊万里のゲストハウス

湯布院山荘 吾亦紅(大分県由布市)(目次に戻る

 日本を代表する温泉観光地”別府&湯布院”を有する大分県には、ペット同伴可能な宿泊施設が多数存在します。しかし、観光客等で連日繁盛しており予約が非常に取りにくく、ペット連れでも大丈夫なのか心配になるところですね。「湯布院山荘 吾亦紅(われもこう)」は、ペット同伴の宿泊客が多く全室個室。さらに各部屋に露天風呂(ペット専用風呂あり)まで完備されています。宿泊可能なのは小型犬のみですが、素晴らしい施設なので紹介させてもらいました

 部屋が5室しかないため、GWや紅葉シーズンの予約は非常に取りにくいです。しかし、旅行日程を早めに組めるのであれば、ぜひ吾亦紅を予約すべきと思いました。宿泊料は決して安いとは言えませんが、旅館のクオリティ、ペット宿泊可という点で他の追随を許さない圧倒的な実力を有しています。熱海と互角に渡り合う日本トップクラスの温泉を愛犬にも楽しませてあげましょう。なお、ペット宿泊料として2,100円が必要です。クレジットカードも使えないため、現金を忘れずに準備しておきましょう

 女将さん、従業員の方たちは、ペットの扱いにとても慣れている印象を受けました。皆さん非常に気さくで、文句のつけようがありません。私は、家族と愛犬の”ジェシー”の3名+1匹で宿泊しましたが、素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。なお、犬食は提供されないので忘れず準備しましょう。部屋があまりにキレイなので、ジェシーも心なしか緊張していました。問題のペット専用風呂ですが、素晴らしいクオリティーだったことを覚えています。なお、温度は温めに設定されているはずですが、お湯をかける前にしっかり確認してあげましょう。皮膚で体温調整出来ないワンちゃんは、熱いお湯に長時間触れるとのぼせる可能性があります

 由布市最大の観光スポットは、数えきれないほどある温泉旅館です。吾亦紅の周りには同じような規模の旅館が多数あり、あちこちから湯気が上がっています。ワンちゃんと一緒に散歩するのであれば、少し離れたところにある”大分川”がおすすめです。河川敷を歩くことも出来るので、車移動で散歩を我慢していたワンちゃんに由布市の素晴らしい自然と温泉街を堪能させてあげましょう。私とジェシーは、30分ほど周辺をウロウロし温泉に入りました。疲れていたのか、ビールを飲んで20時に就寝。気がつくと朝でした。楽しいからと言って散策しすぎると、一気に疲れが出る可能性もあります。注意しましょう。

ペット難易度 ★★★☆☆ 3
ペット満足度 ★★★★★ 5
飼い主満足度 ★★★★☆ 4

外部サイトへのリンク
湯布院山荘 吾亦紅 公式ホームページ

由布市の動物病院一覧

画像をクリックすると動画が再生されます。
2016九州大分由布院吾亦紅溫泉旅館巡禮

The Sloope Nagasaki(長崎県長崎市)(目次に戻る

 坂道(傾斜)の多い街として知られる長崎県。ペットと一緒に旅行すれば、ハードな散歩を体験出来るでしょう。なおペット同伴可のホテルは決して多くありません。今回紹介する「The Sloope Nagasaki(スロープ長崎)」は、一軒家を改築して作られた今流行りの”民泊型宿泊施設”です。ベッドルームが3つあり、施設内のトイレ、お風呂は共用になるのでご注意下さい。また、オーナーさんは常駐されていますが、食事等の提供はありません。ペット飯も同様です。

 私がジェシーと二人で突撃した時は、外国人女性グループと一緒になり、大変楽しい夜を過ごさせていただきました。他人との距離がかなり近いため、人慣れしていないワンちゃんや猫ちゃんにはストレスがかかるかもしれません。部屋の広さは申し分なく掃除も隅々まで行き届いています。ベットは畳の上に置かれた可愛い簡易タイプ式です。寝心地は全く問題ありませんが、高級旅館でないことを認識した上で利用しましょう。なお、外から見ると普通の一軒家にしか見えないため、場所が非常に分かりにくいです。事前に地図と施設の住所をしっかり確認しておきましょう

 長崎市内の移動には車もしくはバス、市電を使いましょう。なお、スロープ長崎には常設駐車場がありません。そのため、レンタカー等を利用される時は、近所のコインパーキングに駐車する必要があります。10分ほど歩くので、チェックインする時は荷物を忘れないようにしましょう。

 ペットと一緒に長崎市内を散策する時は、バスケット等を必ず携帯して下さい。傾斜が多いため、歩幅の狭い小型犬にはかなりのハードワークになります(もちろん人間にもです)。おすすめしたいスポットは”グラバー園”と”平和公園”です。散歩にもピッタリですし、前者は素晴らしい景色と施設と、後者は平和の尊さをペットに教えてあげることが出来ます。食事は小綺麗なレストランではなく、有名な”佐世保バーガー”を探してはいかがでしょうか。

 最後に、スロープ長崎からは素晴らしい夜景を楽しむことが出来ます。わざわざ外に出る必要もなく、室内から素晴らしい景色を堪能出来ますよ。私は一人で、そしてジェシーは外国人女性グループとイチャイチャしながら夜景を堪能しました・・・

ペット難易度 ★★★★☆ 4
ペット満足度 ★★★☆☆ 3
飼い主満足度 ★★★☆☆ 3

外部サイトへのリンク
The Sloope Nagasaki(スロープ長崎) ホームページ

長崎市の動物病院一覧

The Sloope Nagasaki(スロープ長崎)

犬猫古民家福岡(福岡県福岡市)(目次に戻る

 とんこつラーメンの街、福岡市にある「犬猫古民家福岡」は、”民泊型宿泊施設”の形態をとっています。”地下鉄空港線”の最寄り駅から徒歩10分ほどの場所にあり、常設駐車場はありません。車の方は、近場にあるコインパーキングを事前に確認しておきましょう。また、外からだと宿泊施設に見えないため、住所等の情報は事前チェック要です。なお、トイレとシャワーは各部屋に完備されており、他の利用者とは距離を置くことが出来ます。

 施設に入ると、管理者(ホスト)が飼っているワンちゃんと猫ちゃんが迎えてくれます。かなり人慣れしているため、スグ友達になれるでしょう。私とジェシーが利用した時は、すぐ近くにあるマンションの一室を準備して頂きました。部屋は隅々まで掃除が行き届いており、ベッドも快適でした。民泊型宿泊施設を利用する際は、事前にホストとある程度連絡をとっておきましょう。”お世話になります”という一言を伝えておくだけでも全然OKですよ。高級旅館のような”おもてなし”はありませんが、楽しく快適に宿泊させてもらう為に、出来る限りのことはしておきましょう

 食事の提供はないため、自分で準備する必要があります。周辺にペット同伴で入れる飲食店は少なく、部屋で食べるかペットに留守番してもらうかの二択になります。犬猫古民家福岡は市街地にあるため、大抵のものは手に入ります。小さな商店も多く、ペットと一緒に散策しても面白いですよ。なお、福岡名物”もつ鍋”に関連する弁当やテイクアウト品を探してみましたが、発見には至りませんでした。次福岡を訪れた際は、ワンちゃんも食べれる”もつ関連商品”を探してみようと思います。

 犬猫古民家福岡の近くには、”福岡城跡”や舞鶴公園、大濠池などの散策スポットがあります。歩いていける距離なので、散歩にはうってつけの場所です。市街地の中にあるオアシスは、観光客や地元の方たちで溢れています。真夏に訪れた時でも、大濠池近くは不思議と涼しく感じました。春は桜、秋には紅葉目当てで多くの人々が訪れと地元の友人に聞いています。福岡の街と自然、そして特産品を楽しみたい方は、ぜひ犬猫古民家福岡をご利用下さい

ペット難易度 ★★★★☆ 4
ペット満足度 ★★★☆☆ 3
飼い主満足度 ★★★☆☆ 3

外部サイトへのリンク
犬猫古民家福岡 ホームページ

福岡市中央区の動物病院一覧

犬猫古民家福岡

長浜ビーチリゾート海音KANON(沖縄県国頭郡)(目次に戻る

 美しい沖縄の海をペットと一緒に楽しみたい方には、「長浜ビーチリゾート海音KANON」をおすすめします。超人気施設のため、夏休みシーズンは予約を取るのが大変です。私とジェシーは、九州最高峰の”宮之浦岳”登山を1泊2日で敢行した後、沖縄の青い海と特産品を堪能しました。なお2000m近くある山をフル装備(キャップ用品込み+ジェシー=25kg)で歩くのはかなりのハードワークでした。来年は”全日本トライアスロン宮古島大会”に出場してから同施設を利用する予定です。

 長浜ビーチリゾート海音KANONは、大型犬、猫、その他の小動物も受け入れ可能です。予約時にペットも宿泊させることを伝えておきましょう。ただしペット同伴客の割合は決して多くないので、無駄吠え等で他の利用者に迷惑をかけないようにしましょう。施設に文句をつけるところはありません。そして、目の前に広がる白い砂浜とエメラルドブルーの海は、初めて見た方であれば唖然とすること間違いなし。九州最高峰の観光宿泊施設と言っても過言ではありません。従業員の皆さんの対応も素晴らしく、ジェシーも感動のあまり尻尾を震わせていました。

 宿泊施設の素晴らしさを体感した後は、周辺を散策しましょう。カヤックやシュノーケルを楽しめる施設もありますが、ペット同伴の方は難しいですね。この一帯は、住宅地とリゾート地が共生しています。地元の方とすれ違うことも多いので、”はいさい(こんにちは)”と爽やかに挨拶しましょう。人懐こい方であれば、そのまま自宅に案内される可能性もあります。なお、夕食は自分で準備する必要があるため、沖縄の特産品が購入出来る商店等を利用しましょう。自炊はメンドクサイという方、近場には居酒屋や飲食店もあります(ペット同伴は難しいので注意!)。

 長浜ビーチリゾート海音KANONを訪れた時にぜひ見て欲しいものが”美しい夜空”です。天候は運次第ですが、真っ暗なビーチから見える満点の星空はまさに圧巻。椅子に座って天を眺めれば、1、2時間はあっという間に過ぎてしまいます。ペットと一緒にエメラルドブルーの海と満点の星空を楽しみたい方、沖縄県の温かい気候に触れたい方、面白い特産品を堪能したいと言う方は、当施設をご利用下さい。

ペット難易度 ★★☆☆☆ 2
ペット満足度 ★★★★☆ 4
飼い主満足度 ★★★★★ 5

外部サイトへのリンク
長浜ビーチリゾート海音KANON 公式ホームページ

国頭郡本部町の動物病院一覧

画像をクリックすると動画が再生されます。
沖縄 今帰仁村 長浜ビーチ【ドローン空撮】

指宿静香(鹿児島県指宿市)(目次に戻る

 鹿児島県の南端にある指宿市には、日本百名山として有名な”開聞岳(通称薩摩富士)”や、砂むし温泉などがあります。鹿児島市中心部から離れているため車は必須ですが、自然と観光地が一体化した素晴らしい景観は、ペットも満足すること間違いなしです。ここで紹介する「指宿静香」は、”民泊型宿泊施設”として利用されています。

 家族の紹介で一度宿泊させてもらいましたが、管理者(ホスト)の”静香さん”には大変お世話になりました。道に迷った私たちを探し出し、温かく迎え入れて頂きました。他の利用者がいなかったため、二人(私とジェシー)でのんびりくつろげました。なお、他の利用者がいることを想定し、無駄吠え、必須スキル(おすわり、伏せ、待て)は必ず修得させておきましょう。個人的には、大人数で施設を丸ごと貸し切りにすることをおすすめしたいです。

 チェックインを済ませたら周辺散策をおすすめします。少し北上すると、海沿いに”太平次公園”という休憩スポットがあります。内海の向こう側には”大隅半島”がクッキリと見えるはずです。地元の方が散歩コースとして利用していますが、人通りはあまり多くありません。ペットと一緒に海を眺めれば、絆を深めることが出来るでしょう。注意点として、途中の生活道路は車の通行量が意外と多いです。バスケット等を使って安全を確保しましょう。

 指宿市の人気観光スポット”フラワーパークかごしま”や”長崎鼻パーキングガーデン”は、ペットと一緒に入園することが出来ません。素晴らしい施設なので、ペット同伴が可能になることを願っています。最後に、猫ちゃんを連れてこられた方は、”かつおぶし”をぜひ食して下さい。全国シェアの約7割が指宿市で作られています。かつおぶしの香ばしい匂いとペットフードを融合させれば、”究極の猫飯”が完成します。私の好きな食べ方は、アツアツのご飯、かつおぶし、醤油、生卵の4点を組み合わせた、”高級猫まんま”です

ペット難易度 ★★★☆☆ 3
ペット満足度 ★★★☆☆ 3
飼い主満足度 ★★★☆☆ 3

外部サイトへのリンク
指宿静香 基本情報

指宿市の動物病院一覧

画像をクリックすると動画が再生されます。
鹿児島県指宿温泉の ホテル・温泉旅館

松尾旅館(宮崎県えびの市)(目次に戻る

 ”芋焼酎の街”としても有名な宮崎県。その出荷量は全国一を誇り、様々な銘柄が日本中に流通しています。ペットにお酒を飲ますことは出来ませんが、お供をなら出来ると勝手に思っています。えびの市にある「松尾旅館」は、創業90年を超える老舗温泉旅館(ペット宿泊可)として観光客や地元の方々に愛されています。なお、小型犬のみ同伴可で、料金はかかりません。予約時に女将さんへ伝えておけば、スムーズにチェックイン出来ますよ。ペットの同伴率はあまり高くないため、他の利用者への配慮が必要です。

 部屋は純和風といった感じで、宿泊に必要なもの(浴衣やタオル等)は一通り揃っています。温泉は有料(大人300円、子供200円)ですが、宿泊客は無料ですのでご安心下さい。残念ながらワンちゃん専用風呂はないので、我慢してもらいましょう。提供される食事は自分で選ぶことが出来ます。おすすめはうなぎの蒲焼です。宮崎県は全国でも有数の”うなぎ”生産量を誇っており、日常的に蒲焼が振舞われています

 松尾旅館は”京町温泉駅”からすぐのところにあります。しかし、公共交通機関を使うことはあまりおすすめしません。地元民は鉄道やバスを利用していますが、本数も少なく決して便利とは言えません。観光で訪れる際は、必ず車(レンタカー)を準備しましょう。

 準備が整ったら車に乗り込み”えびの高原”に向かいましょう。標高1,200mを超える高地にある公園には、不動池やつつじが丘などの観光スポットがあります。さらに、全国でも有名な活火山”新燃岳”や”韓国岳”などを眺めることも出来ます。なお、入山規制の影響で近づける範囲が決まっています。間違っても登らないで下さい。

 えびの高原の施設(公園、神社、池、スキー場等々)は、1日で回り切ることは出来ません。ワンちゃんの体調を見ながらのんびり移動することをおすすめします。日が暮れる前に松尾旅館に戻ったら、美味しいウナギと芋焼酎をいただきましょう。なお犬飯の提供はないので注意が必要です。南国宮崎の大自然と芋焼酎、そして昔懐かしい旅館に泊まりたいという方は、ぜひ松尾旅館をご利用下さい。ちなみに宿泊料は7,500円(一泊2食つき)でした。”イケメンのジェシーはタダよ”と女将さんに言われたことを覚えています。”イケメンはタダなのか?”と聞くと、”お客さんは違うのでダメです”と言われました。

ペット難易度 ★★☆☆☆ 2
ペット満足度 ★★★★☆ 4
飼い主満足度 ★★★☆☆ 3

外部サイトへのリンク
松尾旅館 公式ホームページ

えびの市の動物病院一覧

松尾旅館

旅館 花心(熊本県阿蘇郡)(目次に戻る

 熊本県阿蘇郡にある「旅館 花心」は、大自然の中にある”小さな農村”をイメージさせる作りになっています。10棟あるロッジのうち、ペットと宿泊出来るのは6棟です。なお、GWや夏休みシーズンは家族連れでかなり混雑します。個人的には春と秋に訪れるのがベストだと感じました。また、周辺に公共交通機関はなく車は必需品です。途中、道が狭い箇所もあるため安全運転を心がけましょう

 大自然とロッジの組み合わせは、キャンプ好きの方、キャンプ好きのペットにはたまらないシュチエーションのはずです。周辺には自然以外何もないため、ペット用の食事は忘れず準備しておきましょう。高級旅館のようにピカピカとはいきませんが、大自然の中にあることを考えれば当然です。室内は綺麗に掃除されており、全く問題ありません。各ロッジに24時間入り放題の温泉(もちろん源泉かけ流し)がついている点も高評価につながっています

 施設内にドッグランもあり、愛犬のジェシー(ダックスフント)もウッキウキで走り回っていました。かなり広いスペースなので、心おきなく遊べるはずです。私が訪れた時は、ペット同伴の家族が1組だけ利用していました。”大自然をもっと堪能したい”という方は、近くにトレッキングコースもあります。ただし、ザックや登山靴、地図等の装備品一式を準備しなければいけないので、興味のある方以外には推奨しません。大自然に浮かれて山に飛び込むと、遭難する可能性もあります。

 夕食はレストランでいただくことになるため、ペットはロッジで待機させましょう。慣れない施設で不安がることが想定される場合は、昼間に”ガッツリ遊び倒す”ことをおすすめします。大自然の中で野生を開放させれば、夕方には疲れて眠ってしまうはずです。ジェシーはロッジに戻ってすぐ爆睡でした。そのスキを狙って食事を済ませましょう。夕食のプランは3つあり、私はオプションで”馬刺し”とステーキを追加しました。”阿蘇カルデラ”で有名な熊本の大自然を堪能したい方はぜひ。なお、虫が苦手な方や、清潔な旅館じゃないとムリという方には向かない施設です。ホームページ等で情報を確認したうえで予約しましょう。

ペット難易度 ★★☆☆☆ 2
ペット満足度 ★★★★★ 4
飼い主満足度 ★★★★☆ 4

外部サイトへのリンク
松尾旅館 公式ホームページ

えびの市の動物病院一覧

画像をクリックすると動画が再生されます。
ペットと泊まれる宿【九州版】旅館花心 (はなごころ)熊本 小田温泉 ヨーキーりさ I Love Yorkie. I like cute dogs.

どさんこミラファーム(佐賀県唐津市)(目次に戻る

 「どさんこミラファーム」の名を聞いた時、北海道出身の方、もしくは馬が経営されていると勝手に思っていました。答えが気になる方は、直接オーナーご夫婦に話を聞いてみましょう。佐賀県唐津市の山奥にある当施設は、車が無ければたどり着くことは出来ません。さらに到着予定時間を事前にお伝えしておく必要があります。理由は、途中に狭い道があり普通車では通行出来ない可能性がある為です。注意事項を守って正しく施設を利用しましょう

 どさんこミラファームでは、宿泊よりも乗馬体験や手作りピザづくり等のイベントに力を入れています。私も前者に一度だけ参加させてもらいました。残念ながら宿泊は断念せざるを得なかったのです。理由は、客室がひとつしかない為です。山奥なので、その気になればテントで寝泊まり出来そうな雰囲気はありますが、予約が取れなければ諦めるしかありません。宿泊施設は別の場所に確保し、ファーム内で飼われているお馬さんの背に乗せてもらいました。

 ペット宿泊は問題ないらしく、大型犬も全然OKとのことです。ただし、ファーム内で飼われている動物を怖がる可能性もあるため、ある程度の協調性が求められるかもしれません。目立った外灯などもなく、オーナーご夫婦曰わく、天気が良ければ満点の星空を楽しめるとのことです。なお、施設内に入浴施設はなく、最寄りの温泉まで車で移動しなければなりません。無料で送迎も行っているようですが、夜道を移動するのは車でも危険です。予約段階でオーナーご夫婦としっかり相談しておきましょう

 施設で行われているイベントは子供から大人まで間違いなく楽しめます。しかし、宿泊は少しハードルが高くなることを覚えておきましょう。1日風呂に入らなくても死なない方、虫を捕縛、殺虫出来る方、ファームの匂いが気にならない方は絶対利用すべきだと思いました。私とジェシーも来年リベンジを果たすと心に誓っています。なお、日帰り体験イベントの中に”ジンギスカンプラン”というものがあります。九州地方では滅多に食べることの出来ない料理なので、そちらが気になる方もぜひ!

ペット難易度 ★☆☆☆☆ 1
ペット満足度 ★★★★☆ 4
飼い主満足度 ★★★★☆ 4

外部サイトへのリンク
どさんこミラファーム オーナーのブログ

唐津市の動物病院一覧

画像をクリックすると動画が再生されます。
どさんこミラファーム【どさんこ乗馬編】

別府温泉わんこの宿 ゆるり(大分県別府市)(目次に戻る

 日本を代表する温泉街”別府”には、数えきれないほどの旅館があります。今回、犬も入れる温泉があると聞き「別府温泉わんこの宿 ゆるり」にお邪魔させてもらいました。予約時に犬種等を伝えておくと、スムーズにチェックイン出来ると思います。また他の旅館同様、予防接種の証明書が必要になるので準備しておきましょう。従業員曰わく、ここに宿泊される方は基本ワンちゃんと一緒に訪れるそうです

 この宿では、常にワンちゃんと行動を共にすることが出来ます。専用の湯船まであり犬用に温度調整までされているようです。なお、大型犬の宿泊は出来ません。そのため、予約段階で犬種による宿泊可否確認をしっかり行っておきましょう。注意事項等は公式ホームページに記載されています。準備が整えば、あとは現地に乗り込むだけです。宿は別府市内から少し離れたところにあるため、車もしくはJR日豊本線の”亀山駅”からタクシーで向かいましょう

 住宅街の奥まった場所まで移動すると、犬の看板が出迎えてくれます。建屋はそれなりに使い込まれた感じですが、掃除はしっかり行き届いています。部屋の広さも申し分ありません。注意事項としては、館内、部屋ともワンちゃんの匂いがほのかに漂ってきます。高級旅館のように爽やかな香りはしません。あくまでワンちゃんのことを考えて作られた施設だと認識しましょう。

 宿の中にはドッグランスペースもありますが、ジェシーは利用しませんでした。観光に来たので、近場をウロウロしたいと思った為です。なお、先日まで温泉の出が悪く、お客さまに迷惑をかけたと従業員の方にお聞きしました。私たちが宿泊した時は、部屋風呂、大浴場とも全く問題ありませんでしたが、心配な方は予約段階で確認しておきましょう。

 周辺を車でウロウロし、”血の池地獄”と別府湾を少しだけ散歩しました。地元の方曰わく、一番の観光スポットは温泉とのことで、”ゆっくり湯船につかりなさい”と助言を頂きました。ペット同伴で入れる施設も限られているので、宿でゆっくりする方が無難かもしれません。別府温泉をワンちゃんと楽しみたい方は、ぜひ当施設をご利用下さい。最後に、従業員の皆さんの応対の良さには感動しました。来年は大分観光を済ませた後に訪れたいと思います

ペット難易度 ★☆☆☆☆ 1
ペット満足度 ★★★★☆ 4
飼い主満足度 ★★★☆☆ 3

外部サイトへのリンク
別府温泉わんこの宿 ゆるり 公式ホームページ

別府市の動物病院一覧

別府温泉わんこの宿 ゆるり

Momの家(長崎県平戸市)(目次に戻る

 長崎県平戸市にある「Momの家」は、完全個室のゲストハウスとして一昨年に誕生しました。平日の宿泊価格は1名3,000円、休祭日でも3,500円と大変安く、ペットも同伴可能ということで利用させてもらいました。なお、平戸市を訪れた理由は”世界文化遺産”に登録された”潜伏キリシタン関連施設”を見学する為です。”島原・天草の乱”等で信仰の自由を奪われたキリシタンの歴史を知ることが出来るため、興味のある方はぜひ!

 Momの家では食事やサービスの提供はありません。モーテルをイメージ頂ければ分かりやすいはずです。部屋や周辺施設は綺麗に清掃されており、穏やかに過ごすことが出来ました。テラスにハンモックが設置されており、リゾート気分を味わえますよ。なお、目の前には日本海が広がっており、世界文化遺産に登録された”中江ノ島”を眺めることも出来ます。”荒崎海水浴場”に歩いていけるため、海好きの方には最高のスポットでしょう。

 食事は自分で準備しておきましょう。また、車で20分ほど南下すると飲食店や商店も数軒あります。海水浴場には徒歩で移動出来ますが、その他の観光スポットを回りたい方は車で移動しましょう。私は世界文化遺産をガッツリ見学し、日が暮れてから周辺を散策しました。人気のない海岸を散歩するのも、なかなか風情があって良いですよ。なお辺りは外灯も少ないため、天候が良ければ満点の星空を拝めるでしょう。なお、釣り道具と折り畳みチェアがあれば、夜釣りを楽しむことも出来ます。

 Momの家は、緑と海に囲まれた素晴らしい宿でした。高級旅館のようなサービスはありませんが、ペットと自然の中でゆったり過ごしたい方におすすめです。夏休みシーズンは海水浴客で賑わうため、予約が困難になるとオーナーにお聞きしました。海に入りたい方は早めに旅行日程を決めましょう。周辺を散策すれば十分という方は、春や秋に訪れてはいかがでしょうか。なお、台風が通過しやすい場所のため、天候には十分注意しましょう。世界文化遺産の潜伏キリシタン関連施設に興味のある方は、平戸市公式ホームページをご確認下さい。

ペット難易度 ★☆☆☆☆ 1
ペット満足度 ★★★☆☆ 3
飼い主満足度 ★★★★☆ 4

外部サイトへのリンク
Momの家 インスタグラム

平戸市の動物病院一覧

画像をクリックすると動画が再生されます。
Hirado - Mom の家

ホテル トレジャービール(福岡県福岡市)(目次に戻る

 福岡観光をした際に利用した「ホテル トレジャービール」は、市街地からのアクセスの良さと宿泊料の安さを売りにしています。素泊まりで4,000円と非常に安価で、外国人観光客に好まれているようです。古いマンションをリノベーションしているようですが、寝泊まりするだけなら十分だと思いました。ペットも同伴出来るため、福岡市内を観光したい方には強い味方になってくれるでしょう

 ホテルの西側にある舞鶴公園と福岡城跡地は、ペットと一緒に散策することが出来ます。大都会の中にあるオアシスは、地元民の憩いの場になっていました。意外と広いため、小型犬の場合はバスケットを忘れず持参しましょう。なお、トレジャービールを利用する際は、事前に観光を済ませておくことをおすすめします。福岡市中央区は、”人間向き”の施設ばかりです。人通りの多い街中をウロウロすると、ペットにも無用なストレスを与えることになります。ホテル到着後は、さっさと休む方がいいかもしれません。

 福岡市内は鉄道やバスの使い勝手も良いですが、ペットが一緒の場合は車での移動をおすすめします。私はお馴染み”太宰府天満宮”と”小倉城”を見にいきました。ジェシーには退屈な旅だったかもしれませんが、大都会の中を散歩させるよりは”マシ”だと思います。途中で食事を済ませトレジャービールに戻りました。夜になっても市内は人と車で大変混雑しています。歓楽街の”中州”が近いこともあり、遊ぶ場所には事欠きませんが、私たちが楽しむ場所は残念ながらありませんでした。

 前述の通り、トレジャービールを利用する時は、福岡観光を済ませてからの方が無難でしょう。公園等も近くにありますが、ペットが行動出来る場所は限られています。また、旅館のようなサービスも期待出来ないため、寝る(休む)ために利用すると割り切って下さい。ゆっくり食事がしたい、温泉に入りたいという方にはおすすめしません。繁華街から離れれば素晴らしい旅館がいくつもあるため、そちらを利用しましょう。

ペット難易度 ★★★☆☆ 3
ペット満足度 ★★☆☆☆ 2
飼い主満足度 ★★★☆☆ 3

外部サイトへのリンク
ホテル トレジャービール 公式ホームページ

福岡市中央区の動物病院一覧

ホテル トレジャービール

オクマ プライベートビーチ&リゾート(沖縄県国頭郡)(目次に戻る

 観光リゾート沖縄の青い海と大自然をゆったり味わいたい方には、「オクマ プライベートビーチ&リゾート」をおすすめします。国頭郡は沖縄の中心市街地から離れています。移動には車が必要なので、レンタカー等の段取りを忘れずに行いましょう。観光に特化した地域は、夏休みシーズンであれば多くの観光客、実業団やプロスポーツ選手の合宿等で繁盛しています。しかし、訪れる人たちは街全体に分散されるため、混みあっているという感覚は受けませんでした。

 ”オクマリゾート”はコテージに宿泊する形態となります。従業員の対応は文句なしでした。”ワンちゃんルーム”を利用させてもらいましたが、かなりの広さに度肝を抜かれたことを覚えています。なお、繁忙期には予約が困難になるとのことでした。ペット同伴可能な部屋が限られているため、旅行日程を早めに決める必要がありそうです。ワンちゃん用の設備も一通り揃っており、持参するグッズを減らせた点も高評価につながりました

 食事はレストランを利用するか持ち込むかの2択です。すぐ近くにスーパーマーケットもあるため、特産品等も購入出来ますよ。残念ながらペットは入店出来ないため、部屋で留守番してもらうことになります。施設はかなり広いですが、極力無駄吠えはさせないようにしましょう。なお、ペットと一緒に回れる観光施設は、は”海”と自然のみです。しかし、ただ散歩するだけでは面白くありません。私と妻は自転車をレンタルし3時間ほどサイクリングしました。沖縄らしくマリンスポーツを楽しみたいとも思いましたが、ジェシーに海と緑を見せてあげたかった為です。

 ビーチの散策は好きな時間に出来ますが、夕方と夜をおすすめします。昼間とは打って変わって人の姿も少なくなり、幻想的な雰囲気を楽しむことが出来ますよ。私たちが訪れた時には、散歩を楽しむ地元民、恋人たち、筋骨隆々のスポーツ選手がランニングをしていました。美しい砂浜と海を眺めながら散策すれば、倦怠期の妻とも輝かしい関係を取り戻せるかもしれません。オクマリゾートは、ぜひ家族連れで訪れて欲しい施設です。従業員の方に、”次ーマリンスポーツ楽しんでくぃみそーれー”とアドバイスも頂きました。

ペット難易度 ★★☆☆☆ 3
ペット満足度 ★★★★☆ 4
飼い主満足度 ★★★★★ 5

外部サイトへのリンク
オクマ プライベートビーチ&リゾート 公式ホームページ

国頭郡本部街の動物病院一覧

画像をクリックすると動画が再生されます。
オクマプライベートビーチ&リゾート

奄美大島ホテルリゾート コーラルパームス(鹿児島県奄美市)(目次に戻る

 鹿児島県民の私が奄美大島を訪れた理由は、”湯湾岳”という山に登る為です。標高は700m程しかありませんが、奄美の自然と動植物たちに興味があったので、ジェシーを連れて登山を敢行しました。その時宿泊した宿が「奄美大島ホテルリゾート コーラルパームス」です。湯湾岳からかなり距離はありますが、リゾート気分も味わいたいと思い利用しました。なお奄美空港からだと車で10分かかりません

 施設はかなり使い込まれており、”レトロ感”満載という印象を受けました。ピカピカの高級ホテルではありませんので、事前にホームページ等をよく確認しましょう。部屋は綺麗に掃除されており、従業員の対応も最高でした。なお、”無料Wi-Fi”は共用スペースでのみ使用出来ます。インターネット環境はあまり良くないことを認識しておきましょう。バスルームは各部屋に設けられているため、女性でも安心して利用出来ます。

 食事はレストランを利用しましょう。残念ながらペットは入店出来ないため、部屋で留守番させることになります。”無駄吠え”で他の利用者に迷惑がかからないようにしましょう。食事前に周辺を散策したいという方には、”あやまる岬展望台”をおすすめします。ホテルから車で10分ほど北上した海沿いにあります。奄美大島定番の観光スポットからは、素晴らしい景色を一望出来ます

 海岸線沿いにはホテル、カフェ、飲食店、土産物屋が立ち並んでいます。夏休みシーズンでも沖縄県ほどは混みあっていないため。ゆっくり観光出来るでしょう。

 奄美大島の自然を堪能したい方は、コーラルパームスをぜひご利用下さい。また、マリンスポーツは夏限定ですが、山や自然散策はいつでも行えます。希少な自然と動物も多く、本州では決して見ることの出来ない珍しい固体に出会えるかもしれません。もちろん、ペットにとっても非常に過ごしやすい環境と言えます。秋や冬に訪れれば、南国鹿児島の温かさを体感出来るはずです。ただし”台風”の進路には注意して下さい。奄美大島は毎年台風が直撃します。旅行の日程を決めた後も、現地の天候は忘れず確認しておきましょう。

ペット難易度 ★★★☆☆ 3
ペット満足度 ★★★☆☆ 3
飼い主満足度 ★★★☆☆ 3

外部サイトへのリンク
奄美大島ホテルリゾート コーラルパームス 公式ホームページ

奄美市の動物病院一覧

画像をクリックすると動画が再生されます。
コーラルパームス

ゲストハウス和茶美 (長崎県壱岐市)(目次に戻る

 ”壱岐島”へは、長崎県から高速フェリーもしくは飛行機に乗って向かいましょう。人気観光地ではなく”穴場観光地”に行きたいという方におすすめします。なお、島には約3,000人の壱岐市民が住んでいます。島内には一通りの施設が揃っており、車さえあれば大概の物は手に入ります。現地で食料等を調達することも出来るので覚えておきましょう。「ゲストハウス和茶美」は、島の北側にあります。

 残念ながらジェシーではなく””と二人で現地を訪れました。オーナーさんから、”ペットの宿泊ももちろん出来ますよ”とお聞きしています。”芦辺港”からタクシーで近くまで向かい、丘の上にある和茶美を目指しました。この宿は今流行りの”民泊型宿泊施設”です。旧家屋をリノベーションしており、外装は歴史を感じさせますが、内装はピカピカの新築状態でした。また宿泊費も約6,000円と非常にリーズナブルです。外国人観光客は、日本の”古き良き時代”を知り感動する方が多いとのことでした。

 部屋は3つあり、お風呂やトイレは他の利用者と共用です。大きな建物ではないため、家族水入らずが良いという方には向きません。私たちが利用した時は、関東から観光で来られた”日本男児”1名が一緒でした。深夜まで酒を酌み交わしたため、酷い二日酔いになったことを覚えています。なお、食事は島内の飲食店を利用しましょう。地元の特産品を探すのも面白いですよ。海産物をメインにしているお店が多く、おすすめは”ウニ丼”です

 和茶美に宿泊すれば、日本の古き良き時代と文化、そして歴史を堪能出来ます。車とすれ違うことも少ないため、ゆっくり島内を散策してもいいでしょう。特に感動した点は、すれ違った島民が皆挨拶してくれたことです。”こんにちは”と言えば、必ず返事が返ってきます。改めて挨拶の大切さを痛感させられました。最後に、和茶美から見える夕日は絶家です。天気が良ければ、美しい景色を眺めることが出来るでしょう。民泊に抵抗のない方、壱岐島の美しい自然を体験したい方、そして島民の温かさに触れたい方は、ぜひ和茶美をご利用下さい。

ペット難易度 ★★★☆☆ 3
ペット満足度 ☆☆☆☆☆ なし
飼い主満足度 ★★★★★ 5

外部サイトへのリンク
Rakuten Travel ゲストハウス和茶美

壱岐市の動物病院一覧

画像をクリックすると動画が再生されます。
島宿 和茶美

古民家DIYハウス Chill Out(福岡県福岡市)(目次に戻る

 最後に紹介するのは福岡県福岡市にある「古民家DIYハウス Chill Out」です。築70年の住宅をリノベーションされており、非常に印象深かったので紹介させてもらいました。”民泊型宿泊施設”が苦手という方も、ここであれば利用出来るかなと思います。理由は、1日1組しか宿泊出来ない為です。市街地から車で40分ほどと立地もよく、海が目の前にあるため景色も素晴らしかったです。

 築70年の住宅は真っ白に塗装されており、向かいの道から一目で分かるはずです。ペットの宿泊もOKとお聞きしましたが、ジェシーではなく””と一緒に宿泊しました。1階が宿泊施設、2階がオーナーご夫婦の居住スペースになっており、お風呂は共用です。室内は掃除が行き届いており、かなり広々としています。大人数で利用するのがおすすめかもしれません。なお、周辺にスーパーやコンビニはなく食事を忘れず準備しておきましょう。私は妻に代わって料理を作りました。”いつもありがとう”の気持ちを込めて作れば、多少マズくても”美味しい”と言ってくれるでしょう。

 古民家COを訪れるときは、少し早めに現地へ向かい、糸島市をドライブしましょう。30分ほど走れば美しい海岸線沿いの道に出ます。夏休みシーズンになると、ビーチはかなりの賑わいを見せるそうです。海と緑がしっかり共存しており、日本海を見渡せる”志摩サンセットロード”は圧巻の一言でした。倦怠期の夫婦、アツアツのカップル、むさ苦しい男グループ、老若男女関係なく楽しめる素晴らしいドライブコースですよ。途中、飲食店が集まっているエリアもあるため、地元の名産品に出会えるかもしれません。

 福岡県といえば、九州最大の歓楽街”中州”や太宰府天満宮が有名ですが、私は糸島を猛プッシュします。ホテル数も福岡市内に比べれば決して多くありません。また、カラオケや居酒屋もなく、若者には退屈過ぎる場所かもしれません。しかし、温かく出迎えてくれるオーナーご夫婦、沖縄県にも負けない青い海、大自然を一望できるドライブコースなど、糸島には